税理士事務所での勤務が始まりました

昨日から税理士事務所で働き始めました。最初の仕事の内容は「法定調書」という報告書を作る作業です。

法定調書とは

[平成25年4月1日現在法令等]

法定調書とは、「所得税法」、「相続税法」、「租税特別措置法」及び「内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律」の規定により税務署に提出が義務づけられている報告書をいいます。

労働環境

勤務時間 9:00~17:00 (残業なし・昼休み1時間)
フォーマルな服装と髪型
インターネット環境あり
接客や電話応対等の事務作業あり(現在は基本的に事務員さんにおまかせ)

e-Tax

データの入力作業には国税庁のホームページ上で公開されている「e-Tax」というアプリケーションを使っています。

【e‐Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)
http://www.e-tax.nta.go.jp/

Web版とスタンドアローン版(Winのみ)があって、スタンドアローン版をインストールして使っています。このアプリケーション、なかなか痒いところに手が届きません。大量のデータをCSVでインポートするみたいな機能がなくて全部フォームで入力しなければいけなかったり。ただ、データはすべてXMLで管理されているので外部のプログラムから利用することも比較的容易に出来そうです。仕様書も公開されています。

3 仕様書一覧|e-Tax
http://www.e-tax.nta.go.jp/shiyo/shiyo3.htm

XMLを覗いてみるとタグが中途半端に一部分だけHTMLエンティティに変換されているなどの謎の難読化が施されていたりしていて作りが雑だなぁと思いつつ、こういう生データを読んで加工したり出来るのはプログラマの強みだと思うのでどんどんhackしていきたいものです。まずは業務とe-Taxの仕様を把握するところからですね!